当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

プライムパーソン

2011年12月1日更新

「試練と出会い」で気づいた付加価値~お総菜の新ビジネスモデル~ - キングフーズ 代表取締役 安岐 麗子さん

結婚と同時に夫と、水産加工の下請けを始めた。(株)キングフーズ社長 安岐麗子さん(46)は、父の縁故で、インドネシアのスーパーと、食品や雑貨の直接輸出を手がけた。

5年後、仕事もこれからという時、子供もいたが離婚した。「何で、こんな目に遭うんだろう」・・・悔しい、つらい、苦しい。みじめな気持ちから抜け出せない自分と向き合い、2年が過ぎた。

誰かが与えてくれると思っていた居場所は、自分で創るものと悟った。自分と社員とお客さんの、より良い暮らしのための仕事、それが居場所だ。

昨年、香川の魚を使った総菜事業を立ち上げた安岐さんは、食品のおいしさを保つ「冷凍チルド」が、付加価値になることに気づいた。

総菜の、新しいビジネスモデルを目指す安岐さんを、出会った人たちが後押しする。

※直接輸出
商社などを経ないで輸出すること。

※冷凍チルド
冷凍で保管・輸送された食品を、凍結寸前の温度で販売すること。

直接輸出

祖父は豊島の漁師だった。父の豊さん(73)は安岐さんが3歳のとき津田町に移り、イカやちりめん、エビの加工を始めた。安岐さんは、両親が加工場で働く姿を見ながら育った。キングフーズは、父の会社、安岐水産の下請けで、イカ糸つくりの製造が主な事業だった。

豊さんは、三井物産と共同で、インドネシアでちりめんの製造に携わったことがある。その時一緒に仕事をしたインドネシア人が、1996年、30年ぶりに訪ねてきた。

「ジャカルタで日本人向けのスーパーをやっている。日本の食品や雑貨を輸入したい。紹介してほしい」という話だった。

輸出の経験はない。仕入れ先もわからなかったが、97年、直接輸出を始めた。

「父は反対しましたし、生まれたばかりの子供がいて、夫といろいろあって、気持ちがぐちゃぐちゃのときでした。いま振り返ると不思議です」

安岐水産の取引先、大阪中央卸売市場に紹介してもらい、手数料を払って、食料品を中心に日用雑貨、赤ちゃんのオムツまで仕入れた。

「コンテナに、何千個の品をパズルのように積み込むんです。最初15基輸出しました。1基いくらの運賃なのに、3分の1しか詰めないコンテナも送って、無駄もやりました」 

雑貨や生鮮品以外の食品は船で、刺し身用の魚やヨーグルト、豆腐、牛乳などは飛行機で輸出した。

※イカ糸つくり
イカそうめんのこと。

小鍋で炊く総菜事業

インドネシアのスーパーとの取引が、軌道に乗った。手間のかかる直接輸出が、次の事業につながった。現地で日本食の人気が高くなって、スーパーから、日本食の総菜コーナーを広げたいと頼まれた。

「知人に紹介されて、ある総菜会社の社長さんに相談したら、調理場に入れてもらえて、炊き方を教わりました」

業界では、大鍋で大量に煮炊きするのが常識だが、味の浸み込みがバラバラで、大味になりがちだ。

「採算が合わないと言われながら、社長は家庭で炊くような小鍋で調理する、総菜のビジネスモデルを成功させた人です」。安岐さんは、インドネシアへ行って、調理を指導した。

2008年、中国の「毒ミルク事件」で、インドネシア政府が食料の輸入規制を強化した。日本から食材の持ち込みが難しくなった。

「外国で苦労せんでも、日本でやりなさい。販売先も紹介する」。総菜を教えてくれた社長が、安岐さんの背中を押した。

※毒ミルク事件
中国の安徽省で、大手乳製品メーカーの粉ミルクや乳製品に有害物質のメラミンが混入、同省内だけで10人以上の乳児が死亡した事件。

総菜の新ビジネスモデル

魚の消費が減っている。06年、魚が肉の摂取量を初めて下回った。09年度の1世帯当たりの生鮮魚介類の年間消費量は約35キロ、この10年で21%も減少した(総務省・家計調査報告)。

「もっと魚を食べてほしいのに、畜産業界に比べて、食べ方の提案が遅れていると思います。魚の調理が面倒な人に、手間のかからない製品化を考えました」

10年、安岐さんは、香川の魚を使い、地元の女性に働く場を提供する、総菜事業「真魚亭(まおてい)」を立ち上げた。県の食品産業総合支援事業に認定されて、助成金を受けた。 

調理場は、親会社、安岐水産の敷地に新設した。「人手が足りないとき、隣から来てもらえますから、生産効率もいいんですが、まだ採算はとれていません」

真魚亭の商品は、煮魚や焼き魚、南蛮漬など、価格はワンパック198円から400円前後で、県内スーパーに出荷している。

スーパーの店頭では、総菜売り場だけでなく、鮮魚売り場にも、煮魚や焼き魚を置くところが増えたので、真魚亭の商品も、そこで売られるようになった。  

安岐水産とキングフーズで、水産加工に20年以上携わってきた安岐さんは、冷凍は当たり前で、特別な技術だと思っていなかった。

「炊き方を教わった会社が、商品を毎日チルドで出荷しているのを見て、培ってきた冷凍技術で、総菜のおいしさを、もっと遠くへ届けることができると気づきました」

冷凍の総菜を、広い地域に流通させて、チルドで売る。総菜の新しいビジネスモデルは、その社長の紹介で、2カ所、愛媛と大阪からスタートした。

仕事が居場所

会社の立ち上げも、インドネシアへの輸出も、始めたとき夫と一緒だった安岐さんは、独りになって、仕事を軌道に乗せた。出会った人たちからエネルギーをもらったと感謝する。

「必要な時、必要な人が助けてくれました。出会いがチャンスとヒントをくれ、自分の気持ちを気づかせてくれたんです」

直接輸出に打ち込んだ理由が、最初は分からなかった。

「海外で仕事をしたいと、就職試験で商社を目指しましたが全部落ちたんです。輸出を始めたときは、瀕死(ひんし)の状態でしたから、大学時代の夢が実現しているなんて、感じる余裕もありませんでした」

自分の居場所はどこかにあるものだと、思っていた。

「だけど、居場所を探すのではなく、自分の手で創りたいということに気付きました。自分と社員とお客さんの、より良い暮らしのための仕事を、やりぬく覚悟ができました」

キングフーズの一番若い女性社員は17歳だ。「面接で話を聞いて採用しました。何ができるか分かりませんが、高校に行かないで働くという彼女を、応援しようと思いました」

頑張る女性を励ます安岐さんは、明日はもっと前へ進む。まず日本で成功させて、インドネシアで日本食の総菜事業を目指す安岐さんの背中を、出会いの人たちが押す。

トラフグに負けない!

韓国から輸入したナシフグで、死者が出た。93年、販売禁止になった。国に解禁を働きかけた香川、岡山、熊本、長崎の4県に、98年、発売が許可された。

安岐水産は、日本で最初にイカ糸つくりを製品化した会社だ。大手業者が海外で製造した商品との競争が激しくなった。そこで外国では加工が難しいふぐ、讃岐でんぶく(香川県産ナシフグ)を製品化した。

「皮に、毒があるので、頭と内臓と皮を取り除いて、てっさ、一夜干し、から揚げ、なべ用セットなどにしました」。8年前からキングフーズが、販路を東京中心に開拓しているが苦戦が続く。

「認知度が低いのと、東京都の条例が厳しくて、ふぐの調理免許がないと調理済みでも店頭販売できないんです」

讃岐でんぶくに追い風が吹いた。キリンビールが、「今こそ!選ぼうニッポンのうまい!2011」で、全国にキャンペーンした。(9月12日から11月30日まで)

また讃岐でんぶくを味わえる飲食店や、ホテル、旅館をタウン誌と旅行情報誌に掲載、キリンビールと協賛した百貨店、スーパーで試食会や料理イベントを開催している。(12月末まで)

キングフーズは、キャンペーン応募者に当たる、讃岐でんぶく製品1000セットを提供する。「ジャニーズの嵐が、丸テーブルを囲んでいる、キリンビールのテレビCMに、一瞬だけ、讃岐でんぶくの刺し盛セットが写っているんです。撮影用に送ったんです」

讃岐でんぶくは、うまみと甘みがしっかりあって、トラフグに味は負けない。値段も安い。

※でんぶく
漁師が使うナシフグの愛称。

安岐 麗子

安岐 麗子

公職

  • 1965年 小豆郡土庄町豊島生まれ
  • 1987年 神戸女子大学卒業
    (株)新神戸開発(新神戸オリエンタルホテル)入社
  • 1993年 (株)安岐水産入社
    (株)キングフーズ設立
  • 現在に至る

キングフーズ

所在地
さぬき市津田町津田1402-23
TEL 0879-42-5624/FAX 0879-42-2595
URL:http://www.king-foods.com/
設立 1993年
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 安岐麗子
社員数 5人
売り上げ 2億9000万円(2010年度)

沿革

  • 1993年 (株)安岐水産の水産製品の委託加工でスタート
  • 1997年 インドネシアにある日本人向けスーパーマーケットへ輸出業務を始める
  • 1998年 (株)安岐水産の委託加工を止め、同社の加工材料の輸入業務を始める
  • 2003年 通販部門を立ち上げ、水産物の通販事業を始める
  • 2010年 香川産の魚を使った総菜事業「真魚亭」を始める

広告掲載はこちらをクリック!

プライムパーソンとは

海外進出、ニッチトップ、地域に根ざす100年企業・・・
香川には数多くの魅力的な企業があり、その舵を取るリーダーたちもまた、たくさんの魅力にあふれています。
企業、団体、伝統文化など様々な分野の最前線で活躍する人たちの本音に迫ります。



讃岐を歩く

10月になるとコスモスが一面に広がる、フラワーパークうらしま。今は蕾が多いが、開いた赤やピンクの花は秋風に揺られて可愛らしい。ミツバチも嬉しそうに羽を振るわす。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動