当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

香川の元気印!

2012年1月5日更新

県産野菜に付加価値 農家も誇れる餃子を作る - フジフーヅ

家族で囲む食卓に焼きたて熱々の餃子(ぎょうざ)。ニンニクの香りが食欲を誘う。

「ルーちゃんぎょうざ」でおなじみの株式会社フジフーヅは、香川県産の野菜や国産の豚肉を中心に使用。製造過程で入念な検査も行い、安心の品質だ。

代表取締役社長の松井重春さんは、「『地産地消』といわれ始める前から、地元産の野菜を地元で消費しようと取り組んできました。出どころのしっかりした材料が強みです」と語る。

農家の所得向上へ

市場に卸すだけではなく、加工し商品として売れば、野菜に付加価値がつく。「県内農家の所得を上げよう」と設立されたのが、フジフーヅだ。「ルーちゃんぎょうざ」を売り出していた大阪のルーちゃん食品株式会社と合併し、キャベツ畑の広がるさぬき市で誕生した。

1970年の設立以来、おいしく安心して食べられる餃子を提供し続けている。使うのは、産地直送の生キャベツ。半数以上は香川県産のものだ。工場で製造の管理をしている谷口光夫専務取締役は、「生産者の顔が見えることで、多くの利点があります。仕入れた野菜がどうだったか、こちらの意見が反映されやすい。お互いに良いものを作ろうと相乗効果になるようです」と話す。

香川県はニンニクの生産量が全国第2位。県下最大の産地である琴平のニンニクを使用した「こんぴら餃子ガァルちっぷ」は、ニンニクの風味豊かな一口大の餃子。昨年12月から販売を開始した「讃岐餃子」も琴平産ニンニクを使っており、こちらは大粒タイプになっている。自分の作った野菜が材料に使われ、パッケージに写真も載る。野菜農家も「自分の商品」と胸を張れる。

商品は、四国を中心に中国、近畿地方にも出荷。「配送にはコストがかかります。生産から消費まで地元でできるのがベター。県産、国産の材料にこだわると、安定した供給が課題ですね」と松井さん。スーパーマーケットなどへの販売では、高品質と低価格が求められる。ライバルは全国に多数、競争は激しい。

食の安心・安全

設立当時は、競合他社もなく「チルド餃子」であるというだけで、評価された時代。しかし今は違う。谷口さんは「『愛される味』は一つだと思います。野菜、肉、小麦粉、どれも素材の良いところを生かした商品を作りたい。日々研究を重ね、今も答えを探しているところですよ」と言う。家庭で作る餃子とは一線を画するものでなければならない。ものがあふれている時代だからこそ難しい。

食品に求められるのは、材料の信頼性と味、そして製造過程での徹底した管理だ。機械を導入していても最後は人の手によるところが大きい。材料の入荷後は検品を欠かさない。

7年前からHACCP(危害分析重要管理点)を導入し、作業工程で衛生と品質管理をチェック。国際規格である食品安全マネジメントシステム「ISO22000:2005」の認証も取得した。金属検出機とX線異物検出機のダブルチェックで安全管理体制も万全だ。

製造している餃子は130アイテム。大きく分けると2種類になる。「生餃子」は加熱調理をしていないもの。素材の食感、風味は「生」ならではだ。「チルド餃子」は加熱調理した餃子を冷却、冷蔵したもので、家庭で手軽に調理できる。厳格な管理体制のもと工場では、年間2億個の餃子を製造する。

うどんにも自信

県産の小麦粉を使った冷凍や半生のうどん麺も製造。県産小麦「さぬきの夢」を使用したうどんの味や製造技術を競う「讃岐うどん技能グランプリ」で受賞も経験した。

「初めての出品は予選落ちです。現場一丸となって改良を重ね、翌年は受賞できました。麺の弾力にこだわっています」と谷口さん。商品開発に一切の妥協はない。2011年度は冷凍うどん製品の部門で、全国製麺協同組合連合会長賞の栄誉に輝いた。

餃子メーカーとして

会社の本分を忘れたくないという松井さん。「フジフーヅはやはり餃子メーカー。手を広げ過ぎることで餃子作りをおろそかにしたくないんです」。フルーツやあん入りの餃子も試作したことがあるそう。現場の社員や営業マンのアイデアをもとに作ってみる。いろいろな角度からチャレンジする姿勢を大切にしつつ、軸はぶれない。

スーパーマーケットやイベント会場での実演販売にも意欲的だ。「以前は問屋やバイヤーを相手に商売していました。でも、それではお客さまの声が聞こえない。『おいしい』という声を聞いても、売れなければ何が悪いのか考える。普段会えないお客さまと対面することはとても勉強になります」。店頭では専務自らが餃子を焼く。

「ルーちゃんぎょうざを見たことがある、食べたことがあるという人でも、長尾のフジフーヅで作っていることを知らない人は多い。もっともっとPRしたい」と松井さん。設立から40年以上。餃子作りにかける情熱は衰えを知らない。

家庭でおいしい餃子を 計量カップで水加減

「生餃子」には紙製の計量カップが付いており、難しい水加減にも悩まない。パッケージに表示されている調理方法に従って作ると、皮の表面はモチモチ、焼き目はパリパリに。

フジフーヅ

所在地
さぬき市長尾西1881番地
TEL:0879-52-3131 / FAX:0879-52-3444
URL:http://www.fujifoods-ruchan.co.jp
資本金 1億6500万円
従業員数 130人

沿革

  • 1970年 株式会社フジフーヅ 設立
  • 1987年 生餃子 発売開始
  • 1989年 讃岐うどん製造工場稼働、冷凍うどん発売開始
  • 2004年 HACCP取得
  • 2008年 ISO22000:2005認証取得(TQCSI)
  • 2009年 讃岐うどん技能グランプリ
    香川県農政水産部長賞 受賞(半生うどんの部)
  • 2011年/讃岐うどん技能グランプリ
    全国製麺協同組合連合会長賞 受賞(冷凍うどんの部)

広告掲載はこちらをクリック!



讃岐を歩く

10月になるとコスモスが一面に広がる、フラワーパークうらしま。今は蕾が多いが、開いた赤やピンクの花は秋風に揺られて可愛らしい。ミツバチも嬉しそうに羽を振るわす。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動