当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

プライムパーソン

2013年12月19日更新

オールドウイスキーが教えてくれた! サイレンスバー 代表 丸岡 俊文さん

時は流れる。5年10年30年と樽の中で静かに眠って、ウイスキーは味わいを増す。

年代物のスコッチなど、主にモルトウイスキーの古いボトルを1千本あまり骨董品のコレクターのように集めている丸岡俊文さん(64)が、モルトバーを開いて25年になる。

作家の伊集院静さんが、2009年11月号の文芸春秋のグラビア記事で「こんなところにある」と紹介した「サイレンスバー」は、丸亀港のはずれにある。

時の流れを閉じ込めたオールドウイスキーは、追憶を呼び起こす。人生最後の一杯と思って飲んだウイスキーが、生きる力を与えてくれた話も聞く。その古いウイスキーを求めて、愛飲家が各地から訪れる。

スコッチ
英国スコットランドで製造されるウイスキー。

モルトウイスキー
麦芽を発酵させ、単式蒸留器で2回蒸留、オーク樽で熟成。原料は大麦 麦芽のみ。少量生産に適し、大量生産や品質の安定が難しい。

モルトバー
モルトウイスキーの品揃えが充実したバー。

店はオールドウイスキーの収蔵庫

丸岡俊文さんは、生産中止のものや入手が困難なウイスキーを、閉店するバーから譲りうけたり、オークションで落札して収集している。

数十年も前にボトリングされたオールドウイスキーは貴重だ。希少価値のある有名銘柄なら、発売当時の数十倍の値を付けることもあるという。

店の棚に並べているのは、スコッチがほとんどだが、五大ウイスキーのアイリッシュやアメリカン、カナディアンに日本のウイスキー、それ以外のニュージーランド、台湾、インド、ドイツのウイスキーもある。

店に収まりきらないボトルは、倉庫で保管しているが、毎年の棚卸しは大変だ。

レア物は売りたくない

「お客様が飲みたいというボトルや、試飲してみたい新製品で手が届くものを、仕入れています」

オールドウイスキーは、1本10万円ほどのボトルを多く揃えているが、手ごろなものは、スコッチの12年クラスで3500円から4000円ほどだ。

50年物のマッカランを120万円で買ったことがある。「アルコール度数の割には、柔らかく飲みやすい超熟成感がありました」

「香りの芸術品」と呼ばれるモルトウイスキーは、「南国のフルーツの香り」とか、「スモークや皮の臭い」といったワインと同じ表現をする。

お気に入りのウイスキーは売りたくないが、そうはいかない。レア物が手に入ると試飲会を開いてお客さんに楽しんでもらう。去年の春、35万円で買ったマッカランの46年物は、希望者が60人いたが先着順の20人で試飲した。

そんな店に、遠方から飛行機便でなじみ客がやってくる。シンガーソングライターで俳優の売れっ子も訪ねてきた。

今年6月、25年の開店記念日には、伊集院静さんから花輪が届いた。

50年物
樽で50年以上熟成させたウイスキーで、ラベルに「50年」と表記されている。

マッカラン
シングルモルトのスコッチウイスキー。樽は、シェリーの貯蔵に使用したものだけを使う。徹底した樽へのこだわりがマッカランの特徴。

バーは港が似合う

生まれは三豊市(旧:三豊郡豊中町)。子どもの頃、神戸の母の実家に預けられ、祖父とメリケン波止場を散歩した。

17歳で東京へ出て、キャバレー・ミカドでバーテンダー見習いを振り出しに、都内のバーを転々としながら、安い給料の範囲で手の届くスコッチウイスキーを買った。

横浜港の近くでバーをやっている友達が何人かいて、休日はよく遊びに行った。バーは港がよく似合うと思った。

店のつくりは樽の中

38歳で初めて店をもった。長距離トラックの運転手を3年間して資金を貯め、足りない分を親に出してもらい、1千万円ほどかけてモルトバーを開店した。

店のつくりは、樽の中のイメージだから暗い。ウイスキーは太陽光や蛍光灯で劣化するから窓もないし、照明に蛍光灯は使わない。元倉庫だった内部は天井が高い長方形。壁一面にビンが並んでいる。ブランド名入りのミラーもある。25年間ほとんど内装は変えていない。

女性のサービスもカラオケもないが、興に乗ればモダンジャズを静かに流す。葉巻はウイスキーには欠かせないから、キューバやドミニカ産の銘柄を常備している。

天使の分け前

スコッチの蒸留所の入り口には、「お静かに。ウイスキーが眠っています」の看板があるという。「おいしくなるために静かな環境が必要だといいますから」

ウイスキーは、年数を重ねるごとに熟成するが、水分やアルコール分の蒸発で少しずつ樽の中の量が減っていく。「天使の分け前」と呼ぶ。

ウイスキーの熟成は、樽の中のわずかな酸素と、樽材成分やアルコールなどの化学反応のはずだが、「静かに」は、熟成をつかさどる天使への配慮かもしれない。

古いものほど新しい

スコットランドのアラン島に1994年、新しい蒸留所がオープンして、160年ぶりに「アイルオブアラン」の製造が復活した。

「樽に仕込んで3年目、6年目、7年目と年数が古くなったモルトウイスキーの新製品を、年ごとに飲み比べると熟成の進化を味わえます」

ウイスキーは、古いものほど新しい。アイルオブアランは3年物モルトで5千円、一番古い新製品は2万円ほどだという。

ウイスキーのおいしい店

33歳の息子の大介さんと2人でやっている店に、珍しいウイスキーが飲めると、ネットや口コミで知ったマニアが訪れる。客層は年配者が多いが、カップルや20代もいる。

「全国に60人ほどいる、親しいモルトバーの店主の話でも、マニアは北海道から鹿児島まで、飲みたいウイスキーを求めてやってきます」

なじみ客の中には、定年退職後にバーを開いた人もいるという。「モルトバーは、仲のいい年配夫婦でやるのが一番です」

天使が熟成を采配するウイスキーだから、そんな店で飲むと一層おいしいのだろう。

齢を重ねるのも悪くはない

この道に入って45年が過ぎた。最近はウイスキーの置き場所が分からなかったり、お客さんの名前をすぐに思い出せないこともある。

だが、「年を取るのも悪くはない。歳月が磨いてくれるものもあるはずだ」。オールドウイスキーに、問われているような気がしてならない。

人も、歳月によって分別や知性を超えて熟成する。

「人生の大半を共にした古い相棒には、敬意を払うだけです」。丸岡さんは苦労を重ねた日々のことは何も語らない。

◆写真撮影 フォトグラファー 太田 亮

まるおか としふみ

  • 1949年 三豊市(旧:三豊郡豊中町)生まれ
    17歳で東京のキャバレー・ミカドにバーテンダー見習いで入り、
    東京都内のバーでバーテンダーとして働く。
    30代前半に長距離トラックの運転手になる
  • 1987年 サイレンスバー開店
  • <役職> 日本バーテンダー協会四国統括本部 副本部長
     日本バーテンダー協会香川支部 常任相談役

サイレンスバー

所在地
丸亀市港町307 32埠頭
TEL:0877-24-3646
営業時間 午後7時から翌日1時まで
不定休
MENU チャージ \1000
カクテル \1000
ウイスキー \1000
スピリッツW調整 \1000

プライムパーソンとは

海外進出、ニッチトップ、地域に根ざす100年企業・・・
香川には数多くの魅力的な企業があり、その舵を取るリーダーたちもまた、たくさんの魅力にあふれています。
企業、団体、伝統文化など様々な分野の最前線で活躍する人たちの本音に迫ります。

讃岐を歩く

着陸

塩江街道を南へ歩く。鮎滝下の交差点の先に赤い鉄橋のようなものが見えてくる。高松空港の誘導灯だ。見上げると、着陸間近の飛行機。夏の空の下、楽しい旅の始まりや終わりを迎える人をのせているのだろうか。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動