当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2015年2月19日更新

宝物は2000曲 音楽が癒やし キリンビバレッジ 四国支社長 竹田 光昭さん

神戸生まれ神戸育ち。勤務は東京と関西が長い。千葉に自宅を構え、今回が2回目の単身赴任だ。「香川は気候も人も温暖なイメージ。優しくて真面目で仕事に一生懸命という印象です」

チャレンジとスピード対応

販売促進、予算管理、プロジェクトの進捗管理など企画を中心に携わってきた。関係会社である北海道キリンビバレッジでは管理本部長を務めた。「150人規模の会社です。管理本部長は社長に次ぐ立場。経営者の視点を養えました」

本社のマーケティング本部ではブランド戦略を担当した。「マーケターは専門職。若いうちから10年ほど経験して一人前になります。40代半ばでの異動はとまどいもありましたが、良い経験になりましたね」

もともとビールが好きで飲料メーカーへの就職を希望した。今の一押しは「プラズマ乳酸菌」を配合した飲料と「別格」ブランド。おいしさ、健康、価格・・・「お客様の価値」はあらゆる要素からなる。「ヒットを生み出すのは難しいですが、定番になる商品を育てたいですね。これからも味と原材料にこだわり、お客様に一つでも多くの商品を手に取ってもらいたい。地域の活性化も重要だと考えています。別格の『希少珈琲』は香川県で開発された希少糖を使っているので、全国に広げていきたいですね」

大切にしているのは挑戦とスピード。「若い人はどんどんチャレンジしてほしい。失敗は成長の糧になります。やらないという判断は自分でしないこと。スピード対応も大事ですね」

例えば企画書などの書類で考えると、期日に100点のものや期日前に80点のものを見せるよりも、言われた当日に5点のものでもいいから見せる。「そうすれば全体の方向性が明確になり、意思疎通が円滑になります。まずは挑戦。実行することによって何かを変えられると思っています」

無類の音楽好き

6年ほど前から、健康と体重維持のためウオーキングを始めた。休日は1~2時間歩く。栗林公園は年間パスポートを購入して、散策を楽しんでいる。「金刀比羅宮の奥社まで歩いた翌日に、屋島登山をした時はさすがによく歩いたなと思いましたね」

学生時代から変わらぬ趣味は音楽。聴くことと歌うことが好きだ。本社勤務の時に歌好きが集まり、「カラオケ部」と称して活動していたことも。「北海道にいた頃には、カラオケ部のメンバーが遠征に来てくれましたよ。四国支社のメンバーは歌が上手で刺激を受けました。もっと練習しないと」

携帯用の音楽プレーヤーをいつも持ち歩く。学生時代、カセットテープに録音した曲をデジタルのデータで保存し直したものだ。「邦楽、洋楽、ディスコミュージック・・・2000曲ほど入っているのでは。あの時に聞いたなと一つひとつに思い出があります」。そんな竹田さんの影響もあってか、二人の娘は吹奏楽部に所属。演奏会を見に行くのも楽しみの一つだ。

竹田 光昭 たけだ みつあき

竹田 光昭
  • 1966年4月 兵庫県神戸市生まれ
  • 1989年3月 関西学院大学経済学部 卒業
       キリンビバレッジ株式会社 入社
  • 2007年4月 営業本部企画部企画担当部長
  • 2009年4月 営業部営業企画担当予算担当部長
  • 2011年4月 北海道キリンビバレッジ株式会社 管理本部長
  • 2013年4月 キリンビバレッジ株式会社 マーケティング本部企画担当部長
  • 2014年8月 四国支社長

広告掲載はこちらをクリック!

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。



讃岐を歩く

まんのう町塩入を歩く。甘柿であろうと渋柿であろうとも、柿色は目に鮮やかだ。二十四節気の「大雪」を迎え、そろそろ柿の季節も終わる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動