当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2015年5月6日更新

ツーリングと登山で冒険心満たす 住友林業 高松支店長 小木曽 成作さん

2013年4月、高松支店に着任した。趣味はツーリングで、出掛けた先でその土地の人と出会うことが楽しい。着任直後から休みになると、バイクにまたがって四国の隅々まで出掛けた。佐田岬、宇和島、足摺岬・・・。各地を巡る中で、四国4県それぞれの人柄を感じたという。

テント背負ってどこまでも

ツーリングにはまったのは19歳の時。テントを背負って250ccのバイクに乗り、北海道を1カ月旅したのが始まりだ。本州、九州もくまなく訪れた。福岡県の小倉で、偶然知り合った人の家に1泊させてもらったこともある。その家族とはその後も交流が続いた。長崎では水道を借りにたまたま訪れた牧場で、宴会に参加したことも。

前任地の長野では、善光寺周辺やツーリングのメッカと言われる信州ビーナスラインを訪れた。しかし、これまで四国にだけは足を踏み入れたことがなかった。そこで着任早々、四国を回ることにした。「香川は慎重派だけれど、中に入ると温かい。愛媛は社交的でスマート、高知はフレンドリー。徳島は熱い人が多いというのが、四国の人の印象です」

登山も好きで、前任地では北アルプスをよく訪れた。登山でもテントを背負って山へ入っていく。入山から下山まで人には会わなかったが、鹿にテントを取り囲まれるという経験をした。石鎚山、剣山、竜王山、三嶺など四国の標高の高い山々も制覇。「日本中行き尽くしました。パラグライダーに挑戦して、空からの景色を見てみたいですね」。冒険心はまだまだ尽きない。

そのうちではなく、今

東京電機大学理工学部へ進学したのは、建築関係の仕事をしていたおじの影響が少なからずある。「木の匂いがする場所が好きでしたね」。住宅メーカーへの就職を希望し、就職活動ではモデルハウスを見て回った。その中で、木造注文住宅を手掛ける住友林業へ。

全国に63支店あり、名古屋、岐阜、信州と勤務してきた。「ジャッジを求められる立場になりました。即断即決、即行動を心掛けています」。28歳から手帳に挟んで大切にしている言葉がある。営業担当で悩んでいる時に出合ったものだ。

"そのうちお金がたまったら そのうち家でも建てたら そのうち子供から手が放れたら そのうち仕事が落ちついたら そのうち時間のゆとりができたら―"。「相田みつをさんの詩でした。そのうちそのうちと思っていると、何も出来ないまま人生が終わってしまうんだと気付かされました」

家族に胸を張れる仕事か、子どもが自慢出来る親であるか。いつも自分に言い聞かせる。「働かされるという感覚ではストレスになってしまいます。支店長として、スタッフが自分から進んで頑張れる環境づくりをしたい」

近年は耐震性、気密性、太陽光発電など家そのものの機能が重視されるようになってきた。「土地の広さや価格から考えて、香川は住宅を建てるのに良いエリア。住友林業は個性的で品のある家が特長です。木造注文住宅なら住友と言われるようにしたいですね」

小木曽 成作 こぎそ せいさく

小木曽 成作
  • 1965年11月 岐阜県瑞浪市生まれ
  • 1989年3月 東京電機大学理工学部 卒業
  • 1989年4月 住友林業株式会社 入社
     名古屋支店配属
  • 2006年10月 岐阜支店 多治見営業所 所長
  • 2009年10月 信州支店 支店長
  • 2013年4月 高松支店 支店長

広告掲載はこちらをクリック!

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。



讃岐を歩く

まんのう町塩入を歩く。甘柿であろうと渋柿であろうとも、柿色は目に鮮やかだ。二十四節気の「大雪」を迎え、そろそろ柿の季節も終わる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動