当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2015年12月3日更新

海事から観光まで 四国運輸局長 瀬部 充一さん

大学で造船を学んで旧運輸省に入省。主に、海事に携わってきた。「乗り物を造る仕事がしたいと思い、造船学科に進学したんです」。前任地は海上技術安全研究所。省エネ装置・プロペラの開発や、洋上風力発電の安全性の調査など、海上交通の安全と効率化、資源の有効利用、環境保全のための技術を研究するところだ。「管理部門で、どういう研究を行っていくか研究計画を立てていました」

オーストラリアとの縁

これまでで印象的だった勤務地はシドニーだ。オーストラリア製のアルミ船を、日本へ輸出する手助けをしていた。「日本は鉄船が得意。アルミ船の造船に関しては、オーストラリアの方が進んでいます。革新的な考え方は衝撃的でしたね」。オーストラリアでは航空機の設計、部品製造が盛んに行われており、その設計技術が造船にも生かされているそうだ。

シドニー駐在を終えて赴任したのは、北海道運輸局。ちょうどニセコに外国人観光客が増え始めているころだった。ニセコ人気に火をつけたのは、オーストラリア人なのだと言う。「スキーのインストラクターだった人が移住して、オーストラリアと日本の観光のマッチングが出来るようになったんです。向こうの方はレジャーを心から楽しみますから、他の人にもどうやって遊んでもらうかと考えたんですね」。冬のパウダースノーでのスキー、夏は乗馬にラフティング、コンドミニアムでの長期滞在など、オーストラリア人に合うレジャーのスタイルを提案したことで、観光客はどんどん増えた。

瀬部さんは船舶検査官として赴任したが、クルーズ観光やクルーズ船誘致など観光にも携わった。「観光の無限の可能性を感じましたね。ニセコでは日本人よりも外国人観光客の方が多いくらいじゃないでしょうか」

今年7月、組織改正に伴って四国運輸局に観光部が誕生した。四国霊場や日本の原風景とも言えるような里山など、四国には良い素材がそろっていると感じている。「うどん県やリョーマの休日など、宣伝もうまい。香川では直島や琴平が外国人観光客にも人気です。その人気の芽を大きなムーブメントにするお手伝いが出来れば。観光には"よそ者"の視点が効く。そういう意味では、自分はちょうどいいかなと思いますね」

多摩湖畔で妻と

基本を忘れず

常に意識しているのは「公」という字だ。特定の地域や人の利益のためではなく、広く多くの人が幸せを実感するにはどうすればいいかを考える。「運輸局の仕事のうち、観光が占める割合も大きくなりましたが、乗り物の安全を守るという基本も忘れてはいません。バス、鉄道、タクシー・・・地道な作業を間違いなくやり続けることが大切です。少子高齢化に伴い、公共交通の維持も命題ですね」

瀬部 充一 せべ みちかず

瀬部 充一
  • 1957年10月 東京都生まれ
  • 1980年3月 大阪大学工学部 卒業
  • 1980年4月 運輸省 入省
  • 1994年9月 海上技術安全局造船課補佐官
  • 1997年8月 日本貿易振興会シドニー・センター所員
  • 2000年7月 北海道運輸局船舶部 先任船舶検査官
  • 2002年7月 シップ・アンド・オーシャン財団
  • 2004年7月 海事局舶用工業課舟艇室長
  • 2007年5月 海事局舶用工業課長
  • 2008年7月 海事局船舶産業課長
  • 2009年4月 海上技術安全研究所企画部長
  • 2013年7月 海上技術安全研究所理事
  • 2015年4月 四国運輸局長

広告掲載はこちらをクリック!

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。



讃岐を歩く

まんのう町塩入を歩く。甘柿であろうと渋柿であろうとも、柿色は目に鮮やかだ。二十四節気の「大雪」を迎え、そろそろ柿の季節も終わる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動