ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

朝日新聞購読のご案内

文字サイズ
標準
拡大
  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

プライムパーソン

VOL.207 2016年12月15日

日本一小さなバス会社の挑戦 四国高速バス 社長 白川 統人さん

高松市郷東町の四国高速バス

瀬戸大橋が開通した1988年、四国高速バスは香川で路線バスを運行していたコトデンバス(現ことでんバス)、琴平参宮電鉄、大川自動車の3社による均等出資で誕生した。車両2台、乗務員はわずか5人の「日本一小さなバス会社」だった。コトデンバス出身の白川統人社長(74)は当時をこう振り返る。「日本で初めての高速バス専門の会社でした。所帯が小さいので、運輸省(当時)から長距離バスの許認可がおりるのに1年近くかかりました」

赤字を抱え、株主の3社に世話になりながらのスタートだった。高松と東京を結ぶ1路線で開業した四国高速バスは、約30年経った今では、横浜、大阪、名古屋、福岡など10路線を展開。車両は39台に、従業員は約100人になった。

大手バス会社との提携、パーク&ライド・・・・・・白川さんは大胆な発想力と行動力で、日本一小さなバス会社を西日本有数の高速バス会社に育て上げた。

アポなしで阪急バスへ

喜んでもらえることをやる そうすれば必ず応えてくれる

「私の唯一の良いところは行動力です。思い立ったらすぐ動くんです」

四国高速バスの最初の転機は1995年だった。白川さんはある日、アポイントメントも取らずに関西の大手・阪急バスに単身乗り込んだ。「日常的に香川と大阪の流動人口が多かったんです。当時、瀬戸大橋はありましたが明石海峡大橋はまだなかったので、時間は鉄道の倍近くかかる。でも、料金を半分でやりくりすれば、やれなくはないと思い立ちました」

将来的な高速道路網の整備も想定し、阪急バスに「一緒にやりましょう」と共同運行を持ちかけた。「やがて高速バスの時代が来る」「少しでも早く開業した方がいい」。強い信念で交渉を続けた。「阪急バスもちょうど高速バスに力を入れようとしていたところで、担当の企画課長と意気投合しました。でも、当時は阪神・淡路大震災の復興作業の真っ只中。大変な時期にも関わらず、実現を目指して力を注いでくれました」

高松-大阪線の出発式=1996年4月15日 JR高松駅前バス乗り場
高松-大阪線の出発式=1996年4月15日
JR高松駅前バス乗り場
 
 

読みは的中した。翌年の春から高松・大阪線が1日8往復走り始めると、たちまち大ヒット路線に。「どの便もお客様があふれ、積み残しの連続です。増便を繰り返しました」

その後、神戸、京都、関西国際空港と、京阪神方面への路線を拡大。会社の土台を築いた白川さんは次の策に出た。パーク&ライドだ。「当時は全国的に見ても、広大な駐車場を持ってパーク&ライド方式を採用しているバス会社は一社もありませんでした」

2002年、高松市のゆめタウン高松に、バスを利用すれば24時間無料で駐車できる停留所を作った。「市街地でバスが店先に停まるとなると、普通なら迷惑なのでやめてほしいと嫌がられるんです。でも、ゆめタウンを運営するイズミの会長が、『ぜひとも店の前で停まってほしい』と言ってくれたんです」

中央通り沿いの絶好の場所にある100台分の駐車場を提供してもらえた。その協力に応えて白川さんは、コトデンバスが運行する高松空港行のリムジンバスが、ゆめタウン高松でも停まるよう働きかけた。

乗用車325台分の無料駐車場を持つ ゆめタウン高松停留所=高松市上天神町
乗用車325台分の無料駐車場を持つ
ゆめタウン高松停留所=高松市上天神町

駐車場は連日満車状態。2年後、325台が駐車できるまでに拡張すると、さらに利用者が増えた。05年には高松中央インター、09年には善通寺インターにもターミナルを開設。香川県の協力も得て、高松自動車道に高速バス用の停留所も設置した。

「お客様に喜んでもらえることをやっているだけです。喜んでもらえれば、お客様は必ず応えてくれます」

早く自立しなければ

元々はコトデンバスで、ダイヤ改正や事故処理、運行管理や労務管理を担当していた。若くして課長になり、将来の幹部候補とも噂されていた。しかし、ある日突然、新しくできる会社の支配人になれと命じられた。

「事業があって、人がいて、そこへ行け、と言われるのならまだ分かります。でも、何もない中での出向だったので、経営の経験もない私がどうして・・・・・・という気持ちでした」

資本金3000万円に対し、開業には1億円が必要だった。新会社の事務所はコトデンバス乗務員の休憩所を借り、停留所、車庫、燃料に洗車・・・・・・ほとんど全てを株主の会社に貸してもらった。

一刻も早く自立する。それが白川さんの目標となり、エネルギーとなった。「10年以内に自前の車庫と社屋を持つ。いつか他の会社が『貸してほしい』と頼みに来るような停留所設備を作る。そんなことをいつも考えていました」

1989年10月14日。記念すべき第1便が出発した。その時の光景は今でもはっきりと覚えている。定員29人、高松と新宿を11時間で結ぶ便だった。「予約状況は満席でした。でも、実際にお客様が来て乗ってくれるまでは不安で仕方なかった。お客様が乗ってバスが出た瞬間、『あ~、これでやっていける』と思いましたね」

99年10月14日、高松市郷東町に新社屋が竣工した。第1便が出発してからちょうど10年目のことだった。

座席表を手にして「ニコッ」

高速道路の整備と安価な運賃を背景に、高速バス業界は好調に推移していった。しかし、2000年以降の小泉内閣の規制緩和でバス事業者は激増。一方、少子高齢化の影響などで08年頃をピークに乗客数は全国的に減少傾向にある。「中でも私たちが持つ路線は全て、鉄道、飛行機、船とバッティングしている。競争が極めて激しいエリアです」

多くのバス会社が乗客の落ち込みに悩まされる中、四国高速バスは乗車率をほとんど落としていない。他社がやらない手法を白川さんは次々と取り入れてきた。

各ターミナルには常にスタッフを配置し、乗車券の販売や予約、乗降の案内など乗客へのサービスを徹底した。

バスの車両にはふかふかの鮮やかなじゅうたんを敷いた。「見た目もゴージャスになりますが、車内のエンジン音や振動がじゅうたんで吸収されるんです」。座席は全て特注し、ゆったり座れるように既製のものより幅を5センチ広くした。「3列あるので、合わせて15㌢を座席に割かなくてはなりません。正直大変ですが、5センチ違うだけで快適さは大きく変わります」

京阪神方面への路線はJR四国バスや阪急など大手を含めた4社で共同運行しているため、どのバス会社からもチケットが買えるが、「この20年、電話予約の本数で他社に負けたことはほとんどありません」。白川さんは胸を張る。

74歳になった。後継者の育成も急務だ。この先、業界はさらに厳しくなるのは分かっている。

「バスが出発する前、座席表が運転手に手渡されます。どの運転手も、お客様が多いとニコッと笑い、少ないと心配そうな顔をするんです」。そして、こう続ける。

「座席表を見て一喜一憂する運転手たちがいる限り、我が社は大丈夫。そう思えるんですよね」

編集長 篠原 正樹

しらかわ おさひと

  • 1942年 善通寺市出身
  • 1965年 明治大学文学部 卒業
    高松琴平電気鉄道 入社
  • 1984年 分社によりコトデンバスに出向
  • 1988年 四国高速バスに出向
  • 1989年 四国高速バス 支配人
  • 1995年 取締役
  • 2001年 代表取締役

四国高速バス株式会社

所在地
高松市郷東町176番地
地図
資本金 3000万円
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
従業員数 95人
保有車両 39台
運行区間 丸亀・高松-横浜/新宿/八王子、名古屋、福岡
高松-大阪、神戸、京都、関西空港、松山、高知など10路線
URL http://www.yonkou-bus.co.jp/

沿革

  • 1988年 コトデンバス、琴平参宮電鉄、大川自動車の均等出資により四国高速バス株式会社 設立
  • 1989年 高松-新宿線 運行開始
  • 1999年 高松市郷東町に新社屋竣工
  • 2002年 ゆめタウン高松停留所 開設
  • 2005年 高松中央インターバスターミナル開設
  • 2009年 善通寺インターバスターミナル開設

広告掲載はこちらをクリック!

プライムパーソンとは

海外進出、ニッチトップ、地域に根ざす100年企業・・・
香川には数多くの魅力的な企業があり、その舵を取るリーダーたちもまた、たくさんの魅力にあふれています。
企業、団体、伝統文化など様々な分野の最前線で活躍する人たちの本音に迫ります。



讃岐を歩く

マーガレットが見頃を迎えている詫間町のフラワーパークうらしま。香りに誘われて、可憐なベニシジミが憩う。満開の花を行き交う姿は、まるであいさつをしているようだ。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動