当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

特選話

VOL.215 2017年4月20日

中野武営(出典:
国立国会図書館ウェブサイト
「近代日本人の肖像」)
 

高松藩は明治維新の際、鳥羽伏見の戦いで賊軍となったため、その出身者は長らく中央で活躍することができなかったという話をよく聞きます。実際明治以降終戦まで香川県出身の陸海軍大将は1人もいません。しかし、香川県人にも、明治から大正初期にかけて中央政財界で活躍した人物がいます。旧高松藩士の中野武営です。

武営は、嘉永元年(1848)に、高松藩勘定奉行の子として高松市旧西通町 に生まれ、藩校講道館で学びます。幕末、高松藩は親藩であることから佐幕派が有力なものの、水戸斉昭の影響を受けた尊王派もいました。血気盛んだった武営は、尊王派の重鎮である松崎渋右衛門を謀殺する計画に加わろうとしましたが、父に諭され実行を断念したといいます。

20歳の頃明治維新を迎え、明治5年(1872)に新たに設けられた香川県庁の役人となり、後に農商務省権少書記官となります。おそらく仕事ができたので、旧高松藩士であるにもかかわらず、中央政府の官僚に登用されたのでしょう。しかし、明治14年の政変で大隈重信に従い辞職し、立憲改進党の結成に加わります。その後、愛媛県会議員となり、愛媛県会議長となります。このとき、讃岐は愛媛県に編入されていましたが、武営が尽力したことにより、明治21年に分離独立し、現在の香川県に至っています。

そして、明治23年の国会開設以来、高松を地盤に衆議院議員に以後8回連続当選します。この間、実業家としても活躍し、東京株式取引所理事長、関西鉄道社長などを歴任します。その後、明治38年には渋沢栄一の後を継いで東京商業会議所(東京商工会議所の前身)の第2代会頭に就任し、以後12年間務めます。さらに東京市会議員、議長を務め、大正7年(1918)、70歳で没します。

武営は今に至る香川県の恩人ともいえる人ではないかと思います。それは彼に元高松藩士であるという誇りがあったからではないでしょうか。墓は高松城下最北端の寺である浜ノ町の海室山蓮華寺にあり、この寺には武営の「皆倶成佛道(かいぐじょうぶつどう)」という揮毫も残っています。

海室山蓮華寺に残る中野武営の揮毫。
「皆と共に悟りの道を歩もう」という意

香川県中小企業団体中央会
専務理事 村井 眞明さん

広告掲載はこちらをクリック!

特選話とは

知られざる香川の歴史や文化などについて、思わず「へぇ~」と言ってしまうようなとっておきの話を村井眞明さんにご紹介していただきます。



讃岐を歩く

寒霞渓と並ぶ小豆島の景勝地、銚子渓。この渓谷にある「自然動物園 お猿の国」では、約500匹の猿が戯れる。子猿の愛くるしい表情がなんとも言えない。冬の風物詩「猿団子」も見ものだ。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動