当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

BK News

VOL.222 2017年8月3日

中央2人は左より筒井さんとこけ枝さん。
ここから先、厳重な衛生管理を行う
 

毎週金曜、FM香川(78.6MHz)で放送されている「ウィークエンドシャトル」内のコーナー「来てみまい!セブン-イレブン!」(11時40分ごろ~)。セブン-イレブンのおすすめ商品を番組パーソナリティの桂こけ枝さん、筒井智子さんが試食するほか、看板の色の秘密などセブンの知られざる情報も紹介している。その番組の特別編としてこけ枝さんと筒井さんが、ぶっかけうどん、チャーハン、牛カルビの炭火焼の工程を見学した。

準備完了

訪れたのは四国初のセブン専用工場として開設された「わらべや日洋株式会社香川工場」(坂出市)。帽子、マスク、作業服に身を包んだ後は、爪ブラシを使った手洗い、ほこり吸引、まつ毛とまゆ毛にシールをあてて落下を防ぐなど、何重にもわたる徹底した衛生管理から見学は始まった。

うどんの製造工程では、本場の味に慣れた香川県民にも満足してもらえるよう、職人が仕上げたようなおいしさを実現する専用のラインを設置。粉の配合や温度調整、生地の練り上げ、包丁切り、パッケージまでのほとんどを自動で行う。チャーハンは直径1メートルほどの大きなIHクッキングヒーターのような炒め器で約50人分を一度に調理。牛カルビはセブン-イレブン専用の備長炭を使い、余分な脂を落としながらじっくり焼き上げていく本格派だ。

「最も気を付けているのはやはり衛生面です。また、自分が製造したものが結果として商品になるということを意識して、セブン-イレブンの店舗を訪れた時には、常に商品をよく見るようスタッフには話をしています」と香川工場長・山下裕巳さんは話す。

なお、「来てみまい!セブン-イレブン!」では、リスナーから「セブンでよかった!」というテーマでメッセージを募集。毎月最終週には大賞が選ばれ、賞品が贈られる。

応募はshuttle@fmkagawa.co.jp

広告掲載はこちらをクリック!

BK Newsとは

HOTな経済ニュースや街ネタを紹介。



讃岐を歩く

寒霞渓と並ぶ小豆島の景勝地、銚子渓。この渓谷にある「自然動物園 お猿の国」では、約500匹の猿が戯れる。子猿の愛くるしい表情がなんとも言えない。冬の風物詩「猿団子」も見ものだ。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動