当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

かがわのエンジン

VOL.223 2017年8月17日

マンナンミールを細かくして
スムージーに。スイーツに応用
 

人間が「おいしい」と感じるのは、食べ物のpH(0~14で7が中性)が5前後の弱酸性の場合だという。例えばしょうゆはpH5だ。それに対してアルカリを加えて固めるコンニャクはpH11。アルカリ性であるためそのまま食べると味に違和感があり、しょうゆなどを加えて調理することでおいしくなる。「このコンニャクを、そのまま食べてもおいしいpH領域に持っていき、食品原料として使いやすいように加工したのがマンナンミールです」とハイスキー食品工業代表取締役社長・菱谷龍二さんは言う。

開発の背景には、健康志向がある。コンニャクが低カロリーであることは昔から知られていたが、そのまま食品に加工してもおいしくない。この課題を克服するために取り組んだのが脱アルカリ技術だった。最初はリンゴ酸などを加えて酸性にしようとしたが、コンニャクが崩れてしまう。2年かかってようやく完成したのがアルカリ性を中和したコンニャク加工食品「マンナンミール」だ。コンニャクに含まれるグルコマンナンが名前の由来で、これを使ったレバーや漬けマグロの代替品を発売している。

マンナンあんこ。
本物のあんこに1:1で混ぜると
35%カロリーオフ

脱アルカリ技術に加え、自由に色を変える技術と水分率を調整して食感を変える技術も開発。コンニャクの黒い色に拒否感がある海外の人にも、オレンジなどおいしそうな色に変えれば受け入れられる。また、食感をコントロールすればスムージーやあんこ、ミンチ肉、サーモンなどあらゆる加工品に応用できるという。「小麦は麺やパンなど、さまざまな食品に加工できるからこれだけ食品原料として広がった。コンニャクもその可能性を秘めている。コンニャクの新たな価値を世界に発信したい」と菱谷さんは意気込む。


お問い合わせ TEL.087・898・1125
HP http://www.haisky.co.jp

広告掲載はこちらをクリック!

かがわのエンジンとは

今後の時代のエンジンとなって、香川経済をけん引していく企業や団体の技術と商品をご紹介します!
このコーナーは、下記の企業が協賛しています。
かがわ産業支援財団、サンテック、フソウ、レクザム



讃岐を歩く

寒霞渓と並ぶ小豆島の景勝地、銚子渓。この渓谷にある「自然動物園 お猿の国」では、約500匹の猿が戯れる。子猿の愛くるしい表情がなんとも言えない。冬の風物詩「猿団子」も見ものだ。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動