当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

さぬき味探訪

VOL.225 2017年9月21日

讃岐の食文化を考える上で農業の視点を欠かすことはできません。「産業」と「生活」の両方の視点から、讃岐の農業の特徴をとらえてみましょう。

香川県には農家の方が「さえんじ」と呼ぶ畑があります(西讃は「しゃえんば」、小豆島は「なじり」など)。家の近くや、水田の隅に作られた狭い野菜畑「菜園」のことを指します。この畑では、日々食べる野菜に困らないように、年間を通じてとても多様な野菜、イモ類、豆類が栽培されています。現在でも、高松中心市街地から3キロほど行った農地が残るエリアに差し掛かると、稲の作付けがされている農地に混在して「さえんじ」の存在を見ることができます。この「さえんじ」に作付されている品目こそが讃岐の食文化を支える品目です。

讃岐の食文化を考える上で、食材の供給源である農業を「産業」と「生活」に分けて考えると、理解が進みます。まず、産業としての農業とは、レタス、ブロッコリー、アスパラガス等、大量生産が可能で県外に向けて出荷をする品目のことです。栽培技術や出荷形態等を統一し大量生産・大量出荷することで、大都市の市場で有利な取引を図っています。ニンニクやレタスなど統計上全国上位の生産量を誇る品目も存在します。

そしてもう一方が、生活のための農業で、マンバ(高菜)、セレベス(サトイモ)、葉ゴボウなどの品目が挙げられ、讃岐の食文化にはなくてはならないものです。「さえんじ」で栽培されて日常的に消費されてきた品目ですが、一方で、市場流通により県内へくまなく供給されています。

これら地域性の強い品目は、県内に一定のニーズが確実に存在し、そのニーズを満たすために生産する農家があり、そして市場流通により県内へ安定供給される規模の数量としてまとまっています。日常生活で大切に利用されてきた品目が、県内を対象にした産業として成長してきたのです。

香川県の農業は、産業から生まれたものと日常生活の中から生まれたものとの二面性が明確に存在しています。生活に根差した食材が県内のみで消費されるにもかかわらず、かなりの取引量があることから、香川県は独特の素材で構成される食文化を持っていることが分かります。

 

近畿、中国、四国、九州エリアの中央卸売市場の取り扱いデータの中から、地域性の高い品目を抜き出し、取り扱い金額の占有率(%)を比較しました。同エリアの中で高松市中央卸売市場は、マンバ(高菜)やセレベス(サトイモ)など地域性の強い品目の取り扱いが極めて大きいことが明らかになりました。

高松市中央卸売市場の取り扱い金額の占有率と、近畿、中国、四国、
九州の中央卸売市場の、取り扱い金額との比較順位(平成24年)

高松市市場業務課 主査
野菜ソムリエ 上級プロ 末原 俊幸さん

広告掲載はこちらをクリック!

さぬき美探訪とは

美術館や博物館の学芸員と野菜ソムリエが香川が誇る「美」と「味」をご紹介します。



讃岐を歩く

高松市サンポートを歩く。海沿いの広場で出迎えてくれるのは、スナメリのベンチ。なんとも愛らしい表情で、心も体も癒やされる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動