当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

動向リサーチ

VOL.232 2018年1月4日

東京商工リサーチ

2018年の干支は戌。全国の法人270万社のうち、戌年生まれの法人は17万155社で、十二支での法人構成比は6.2%と最も少なかった。

香川では1,433社が存在、全2万社の約7%にあたる。設立年別では06年が595社(構成比41.5%)、産業別ではサービス業他が424社(同29.5%)で最多だった。

※本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから個人企業や倒産、休廃業・解散した企業などを除いた270万2,330社から戌年に設立された法人を対象に抽出した。

東京商工リサーチ調べ
 

戌年設立法人のうち、香川で最も設立が古いのは1910年2月設立の一般財団法人神懸山保勝会(小豆郡、他に分類されないその他の事業サービス業)だった。以下、同年4月設立の木太興産(株)(高松市、ゴルフ場)、同年7月設立の松崎沖塩田(三豊市、土地賃貸業)と続いた。上場企業はなかった。

設立から30年未満は857社と全体の約6割(同59.8%)を占める。一方、100年以上前に設立された法人はわずか3社(同0.2%)に留まり、長い間、法人を維持することの難しさが浮き彫りとなった。

売上高(単体)トップは、高松市で総合エンジニアリング業を手掛ける四電エンジニアリング(株)で458億円。以下、医薬品卸売業を運営する(株)幸燿が354億円、牛乳・乳製品卸売業を運営する四国明治(株)が315億円と続き、売上高100億円以上は7社だった。

東京商工リサーチ調べ
 

産業別では、サービス業他が424社(構成比29.5%)と最多。以下、建設業296社(同20.6%)、小売業195社(同13.6%)、製造業181社(同12.6%)、卸売業125社(同8.7%)、不動産業85社(同5.9%)、運輸業61社(同4.2%)と続いた。

政府は、2013年6月に閣議決定した日本再興戦略で開業率を欧米並みの10%台に引き上げることを目標に打ち出した。金融庁も、将来性が見込まれる企業を支援する「事業性評価」を前面に出し、これまで財務内容を中心とした企業評価を大幅に変更。金融機関の目利き力で、事業再生や地域の核となる企業を育成、活性化する方向に舵を切っている。

18年は「戊戌(つちのえいぬ)」。「戊」には植物の成長が絶頂期という意味があり、株式相場では「戌笑う」という格言もある。大手企業から中小企業まで景気拡大の恩恵が波及し、これまで培ってきた技術や信用を背景に事業を拡大できるか。18年の戌年は日本経済の将来を分ける分岐点になるかもしれない。

東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 立花 正伸

動向リサーチとは

「動向リサーチ」は、東京商工リサーチがまとめる詳細な情報データに基づき、株式会社東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長・立花 正伸さんが香川の経済動向を鋭く分析します。



讃岐を歩く

上へ上へ

栗林公園近くの古い住宅地を歩く。細い路地を抜けると、三社神社の大楠が現れた。住宅の間を抜けるように、上へ上へと空高く伸びているように見えた。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動