当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

BK News

VOL.235 2018年02月15日

経営者ら約170人が和やかに交流
第9回ビジネス香川交流会

「第9回ビジネス香川交流会」が2月2日、朝日新聞高松総局、日本経済新聞社高松支局、朝日オリコミ四国の主催で開催された。会場となった喜代美山荘花樹海(高松市西宝町)には、これまで本紙に登場した人を中心に、企業の経営者ら約170人が集まった。

朝日新聞社・渡辺雅隆社長の挨拶で開会した後、新閃力(しんせんりょく)代表取締役社長・尾崎えり子さんが「最初はバカにされるアイデアの方がいい」と題して講演を行った。「固定概念を壊すことが楽しい」と語る尾崎さんは、子どもが商品開発を行う民間学童保育や、キャリアを生かせていない女性向けの創業スクールなど、今まで手掛けた事業を紹介。「補助金や周りに依存せず、自立した立場で一緒にやるメリットを相手に伝えることがうまくいくポイント」と話した。

来賓を代表して、大西秀人高松市長が「ビジネス香川はオンリーワンの地域情報紙として情報を発信してくれていることに感謝したい」と挨拶。続いて執筆者・協力者代表として宮脇書店代表取締役社長・宮脇範次さんが「10年以上クオリティを落とさず発行しているビジネス香川は貴重な存在。私も含め、親子2代にわたって登場している方も多い」とあゆみを振り返った。

県内の酒蔵4社の代表が、自社の法被姿で登場し乾杯すると、会場の雰囲気は一気に盛り上がり、出席者たちの会話も弾んだ。会の終盤には「香川から元気を発信」という見出しで、特別号外「出前朝日」を配布。浜田恵造香川県知事が「素晴らしい異業種交流の場」と話した交流会は終始和やかなムードで進み、盛況のうちに閉会した。

参加者への記念品として
「さぬきの玉手箱」を制作

ページの先頭へ移動