当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

VOL.239 2018年04月19日

香川から
東京パラリンピックへ

三井住友海上 四国本部 田中 司さん

香川から 東京パラリンピックへ 三井住友海上 四国本部 田中 司さん

夢を3度あきらめた。今、新たな夢「東京パラリンピック」に、やり投げでの出場を目指している。

小学校から始めた野球で頭角を現し、香川県内有数の強豪校への進学も決まっていた中3の冬。写真を撮ろうと左目でファインダーをのぞくと、景色がぼやけて見えた。診断の結果は、今も治療法が確立されていない「レーベル病」だった。「野球での推薦入学だったので、急に進路を変えなければならなくて。落ち込む暇もありませんでした」

治療のために通い始めた大阪の鍼灸院で、大阪場所に来ていた相撲部屋の親方を紹介されて入門。恵まれた体格を生かして序の口、序二段と番付を上げていった。だが、目の前の取り組み相手も見えづらくなるほど視力が低下し、相撲をやめることになった。

「昔から自分を表現できるのはスポーツだと思っていたので、野球や相撲をあきらめてもスポーツに関わっていたかった」。そんな時、障がい者スポーツ「パラスポーツ」を知る。数ある競技の中から相撲に近い柔道を選ぶが、頭への衝撃が視力に悪影響を与えるという話を聞き、これも断念した。「どれも一度は自分でやると決めたのに・・・。最後まで力を尽くしたかった」

“東京で輝く”ために

講演会では「夢」をテーマに話をする
講演会では「夢」をテーマに話をする

新たな目標を見つけたきっかけは、2013年の東京パラリンピック開催決定。野球の経験を生かし、投てき競技であるやり投げを始め、1年後に当時の日本新記録を出した。

就職活動も始めた。障がい者雇用に理解があり、スポーツ支援にも力を入れ、香川を練習拠点にできる企業を調べた。その中の企業に宛てて、練習すればパラリンピック出場の可能性がある、と自分の紹介状を送った。

熱意が認められ、現在は三井住友海上で社会貢献スポーツ振興担当として、デスクワークや講演活動などを行いながら練習を続けている。「記録が伸びない時期が続くと『何のためにやっているんだろう』と自分を見失うこともあります。でも“東京で輝く”ためには今年1年が勝負。やるしかありません」

自分の役割を果たす

左より、2017年IPCグランプリドバイやり投げ銅メダル2013年アジアユースパラ砲丸投げ金メダル
左より
2017年IPCグランプリドバイやり投げ銅メダル
2013年アジアユースパラ砲丸投げ金メダル

今年9月、日本パラ陸上選手権が高松で開催される。そこで自己ベスト更新を目指すのはもちろん、今までの大会にないぐらい観客を動員したいと言う。「一人でも多くの人にパラスポーツを知ってもらうこと。それが今の僕の役割だと思っています」

引退後はどう生きるべきかを考えることもある。「これまで本当に多くの人に支えられたから恩返しがしたい。それと、後輩アスリートたちが安心して競技が続けられる環境づくりのために何か役に立ちたい」(石川 恭子)

田中 司 | たなか つかさ

1994年 徳島県生まれ
2010年 式秀部屋に入門
2012年 砲丸投げ・円盤投げを始める
2013年 アジアユースパラ 金メダル獲得
2015年 やり投げを始める
2017年 IPCグランプリドバイ 銅メダル獲得

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

よく見ると・・・

夏の終わりに津田の松原を歩く。岩清水八幡宮に立ち寄ると、ねこがお昼寝中。お賽銭を投じても、鈴を鳴らしても、ぴくりともしない。よく見ると「土足禁止」の札の前で、ちゃんと足を浮かせていた。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動