当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

さぬき味探訪

VOL.241 2018年05月17日

竹笋生(たけのこしょうず)

5月中旬に出荷される淡竹
5月中旬に出荷される淡竹

季節を表す言葉である七十二候で、5月15日前後は、「竹笋生(たけのこしょうず)」と表されます。「笋」はタケノコのことで、5月15日頃はタケノコが生えてくる季節という解釈となります。

タケノコは、古事記にも登場するほど、日本にはなじみの深い野菜の一つなのですが、現在、タケノコとして流通している孟宗竹は17世紀に日本に入ってきた植物で、日本での利用の歴史はそれほどまで深くはありません。また、孟宗竹のタケノコのピークは4月であり、5月中旬には店頭から姿を消します。では、竹笋生はどのタケノコを指すのでしょうか。

実は、5月15日ごろにピークを迎えるタケノコがあります。それが「淡竹(はちく)」です。孟宗竹のタケノコと比較すると、長さ、太さ、皮の色と見た目は全く異なり、また、ぬかを使わず水で下ゆでするだけであく抜きができ、味覚的にもほのかな甘みを持ちます。

高松松平家博物図譜 写生画帖 菜蔬【高松松平家歴史資料】画像提供:香川県立ミュージアム
高松松平家博物図譜 写生画帖 菜蔬
【高松松平家歴史資料】
画像提供:香川県立ミュージアム

公益財団法人松平公益会が所蔵する江戸時代の博物誌である「高松松平家博物図譜写生画帖菜蔬」には、江戸時代に市井で利用されていた野菜が数多く描写されています。その中にタケノコも描かれているのですが、その標記は「紫笋」となっています。そこには、紫がかった皮や細長さといった淡竹の特徴的な形状が明確に表現されています。

香川県において「竹笋生」の時期に食べられてきたタケノコというのは、実は「淡竹」だったのではないかと感じるとともに、江戸時代の食文化が、現代にも生き続けていることを強く感じます。

【豆知識】タケノコご飯

タケノコご飯
タケノコご飯

タケノコは春限定の食材であり、タケノコのあく抜きをしないと、春を迎えた気がしない方も少なくないかもしれません。数多くの讃岐のご飯料理の中でも、薄い味付けでタケノコの淡い風味を楽しむタケノコご飯は、春の季節溢れる郷土料理です。

野菜ソムリエ 上級プロ
末原 俊幸さん

さぬき美探訪とは

美術館や博物館の学芸員と野菜ソムリエが香川が誇る「美」と「味」をご紹介します。



讃岐を歩く

変わらぬ風景

映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」のロケ地となった、高松市庵治町の皇子神社。階段を上ると、主人公たちも使ったブランコがある。今はもう訪れる観光客も少なくなっただろうか。けれど、庵治ののどかな景色は変わらずそこにある。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動