当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

かがわのエンジン

VOL.243 2018年06月21日

医療介護現場の課題を解決

介護ミトンまもるくん ウインセス

医療介護現場の課題を解決 介護ミトンまもるくん ウインセス
写真1 まもるくんを手首に装着

工業用手袋を製造するウインセス株式会社(高松市)は、5年ほど前から技術を生かした新分野への進出を検討していた。新製品開発の担当になったのが、品質保証課と企画開発課で課長を務める池田大輔さんだ。

「高齢化が進む中、介護用品は需要があるのではと考えました」。しかし、どんなものを作って、どこに売ればいいのかも分からない。そこで四国経済産業局が進める「健幸支援産業創出プロジェクト」を知る。同局が医療介護現場のニーズに対応したものづくりを支援するものだ。

現場に赴いたところ、使い勝手のいい抜針・抜管防止用手袋(介護ミトン)がなく、困っているという話を聞いた。介護ミトンは、点滴などの医療機器を自分で外さないよう患者の手に装着するもの。手を覆って、物をつかみにくくする。

「単純に、手袋なら作れると思ったんです」。しかし、現場で働く看護師が納得するものができるまで、何度も打ち合わせや試作を重ねた。従来のものは、ミトン自体が外れやすかったり、患者がミトン内部で指を動かせないため手指が硬直してしまったり、看護師が検査する時に着脱させにくいなどの問題があった。池田さんは、装着しやすく、かつ簡単には外れず、患者がストレスなくつけていられる介護ミトンを目指した。

写真2 ファスナーを閉じて、手を覆う。サイズはSとLがあり、左右兼用で使える
写真2 ファスナーを閉じて、手を覆う。
サイズはSとLがあり、左右兼用で使える

完成したのが「まもるくん」だ。患者の安全を守るとの意味を込めた。使い方は簡単。伸縮性のあるベルトで、まもるくんを患者の手首に装着(写真1)。ミトンの外周にあるファスナーを閉じれば完了(写真2)。留め具がミトン内部にあるため外れにくく、ベルトが手首にフィットしてミトンが抜け落ちることもない。手首に直接触れる部分は綿製で着脱可能なため、取り替えて清潔な状態を保てる。

ミトン本体は通気性の良い生地とスポンジでできており、ムレを軽減。ミトン内部にはほどよい空間があり、自由に指を動かせる。看護師は検査時に、ミトンを外さずにファスナーを開けるだけで、患者の手指を確認できる。

インターネットで販売しており、医療介護施設だけでなく、在宅介護をする人が購入することも多いという。「個人の方にも使っていただける製品ができたことで、お客様の声を直接聞けるのがうれしい。良いものを作れば売れるんだという自信にもなりました」と池田さん。今後は要望があれば、サイズやスポンジの硬さを変えたものも作っていきたいと話している。

【問い合わせ】ウインセス
TEL.087・879・0880
http://www.wincess.co.jp/

かがわのエンジンとは

今後の時代のエンジンとなって、香川経済をけん引していく企業や団体の技術と商品をご紹介します!
このコーナーは、下記の企業が協賛しています。
かがわ産業支援財団、サンテック、フソウ、レクザム

讃岐を歩く

よく見ると・・・

夏の終わりに津田の松原を歩く。岩清水八幡宮に立ち寄ると、ねこがお昼寝中。お賽銭を投じても、鈴を鳴らしても、ぴくりともしない。よく見ると「土足禁止」の札の前で、ちゃんと足を浮かせていた。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動