当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

さぬき味探訪

VOL.243 2018年06月21日

麦秋至(むぎのときいたる)から
梅子黄(うめのみきばむ)まで

麦秋至から梅子黄まで
麦秋至に色づく小麦

5月下旬から6月上旬にかけて、讃岐平野が金色に染まる「麦秋(ばくしゅう)」を迎えます。「麦秋」とは、季節を表す七十二候で5月30日頃を指す「麦秋至(むぎのときいたる)」のことで、秋に種を蒔いた麦類が、夏を目前に控え、茶色に色づき、秋が来たかのような風景が現れます。

香川県で生産される麦は、2000年に香川県で開発されたうどん専用小麦品種「さぬきの夢2000」の後継品種である「さぬきの夢2009」。そしてもう一つが、麦飯や麦茶の材料として使用される裸麦。裸麦については、生産量が全国2位で、全国シェアでは19%を誇ります(2017年度産)。

麦秋が近づき、麦が色づき始めると、香川県ではかなりの密度で麦が植えられていることを実感します。実は、2017年度における香川県の麦の作付面積は、全国19位の2,550ヘクタール。また、水田面積に占める麦の作付割合は10%と、北海道を除いて全国1位の佐賀県の48%と比べるとそんなに多くはありません。

しかし、今から80年度ほど前の統計をみると、米の作付面積37,430ヘクタールに対して、麦の作付面積はその約9割である34,502ヘクタール。現在の佐賀県の麦の作付面積でも20,600ヘクタールであることから、驚異的な面積の麦が栽培されていたことがわかります。また、今年のように梅雨入りが早いと、せっかく実った麦の商品価値が損なわれるため、コンバイン(刈り取り機)が開発されていない当時、この一時期に投下された労力はいかばかりのものかと感じます。

麦秋を迎え、讃岐平野では一斉に麦の刈り入れが始まり、その後、水田に水が供給され、田植えのシーズンへと突入します。

【豆知識】梅子黄(うめのみきばむ)

梅子黄に色づくアンズ
梅子黄に色づくアンズ

6月15日頃は七十二候で「梅子黄」と表されるように、黄色く熟れたウメが店頭に姿を現します。そのほか、ヤマモモやアンズなどの果物の出荷の最盛期を迎えます。香り高い季節限定の果実を、塩、酢、砂糖などに漬け込むのに最適のシーズンです。

野菜ソムリエ 上級プロ
末原 俊幸さん

さぬき美探訪とは

美術館や博物館の学芸員と野菜ソムリエが香川が誇る「美」と「味」をご紹介します。

讃岐を歩く

よく見ると・・・

夏の終わりに津田の松原を歩く。岩清水八幡宮に立ち寄ると、ねこがお昼寝中。お賽銭を投じても、鈴を鳴らしても、ぴくりともしない。よく見ると「土足禁止」の札の前で、ちゃんと足を浮かせていた。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動