当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

特選本

VOL.244 2018年07月05日

本当はダメなアメリカ農業

著者 菅 正治
新潮社 740円

本当はダメなアメリカ農業
著者 菅 正治
新潮社 740円

この本の著者は今年の2月までの4年間、アメリカ農業の中心であるシカゴに駐在し、アメリカ農業のありのままの姿を身近に見続けてきたジャーナリストで、現在はデジタル農業誌の編集長です。

一般的にはアメリカ農業のイメージは、飛行機で広大な農地に農薬や肥料を散布している映像を思い浮かべるのではないかと思います。加えて象徴的なのが遺伝子組み換え作物でしょうか。アメリカ農業の二大作物はトウモロコシと大豆です。それぞれの作付面積は日本の国土面積とほぼ同じという広さで、ともに生産高も、単位面積当たりの収穫量も世界最大となっています。これらの9割以上、その他の作物を含めてもおよそ8割が遺伝子組み換え作物だと言われています。

TPPやFTAの協定を結ぶと、これらのアメリカの農産物が日本に入ってきて国内の農業は壊滅的な打撃を受けると言われています。しかし現在のアメリカの農業は、遺伝子組み換え作物に対する消費者の反発、環境汚染、農産物価格の低迷、後継者不足による高齢化、そしてトランプ大統領によるTPP離脱表明など様々な問題を抱え疲弊し、苦境に立たされています。今は冷静な議論が必要であると著者は言います。

アグリビジネスが巨大化して、いまや農作物も工業製品と同じで世界がマーケットの商品と化しています。そこではアメリカや日本の農家の人々の顔は見えませんし、世界の農作物を作る人たちが敵対しあうというのはおかしな話です。強いとか弱いとかではなくアメリカの農業の現状を見ることで考えさせられます。効率化や規模の拡大にばかり重点をおくと、これから先、持続的な農業が維持できるか心配です。

宮脇書店 総本店店長 山下 郁夫さん

宮脇書店 総本店店長 山下 郁夫さん

坂出市出身。約40年書籍の販売に携わってきた、
宮脇書店グループの中で誰よりも本を知るカリスマ店長が
珠玉の一冊をご紹介します。

特選本とは

宮脇書店グループの中で誰よりも本を知るカリスマ店長・山下郁夫さんが珠玉の一冊をご紹介します。

讃岐を歩く

着陸

塩江街道を南へ歩く。鮎滝下の交差点の先に赤い鉄橋のようなものが見えてくる。高松空港の誘導灯だ。見上げると、着陸間近の飛行機。夏の空の下、楽しい旅の始まりや終わりを迎える人をのせているのだろうか。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動