当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

動向リサーチ

VOL.244 2018年07月05日

新興企業が全体の6割

主な「シェアハウス業者」752社動向調査 東京商工リサーチ

東京商工リサーチ調べ
東京商工リサーチ調べ

国内の主な「シェアハウス業者」752社は、全体の60.1%が設立から5年未満の新興企業で、資本金1,000万円未満(個人企業など含む)の小規模業者が84.4%を占めることがわかった。本社所在地は東京が最も多いが、広がるインバウンド需要を背景に京都や北海道、沖縄など観光客を見込んだ地域でも多かった。

業界は経営破たんが相次いでいる。オーナーが銀行から融資を受けて取得したシェアハウスを、シェアハウス業者が一括で借り上げ、管理・運営して家賃をオーナーに支払う「サブリース」方式が増えているが、シェアハウス業者の経営悪化でサブリース賃料が途絶え、オーナーが銀行借入を返済できないケースが相次ぎ、一部で社会問題化している。

※東京商工リサーチが保有する企業データベース(約480万社)のうち、営業種目に「シェアハウス」、「ゲストハウス」が記載され、2018年3月31日までに倒産、休廃業・解散していない企業を抽出した。さらに、関係者への取材などを加味して「シェアハウス業者」752社を選定した。売上高推移は、直近期を17年1~12月期、前期を16年1~12月期、前々期を15年1~12月期とした。

業歴別 30年以上は4.3%

東京商工リサーチ調べ
東京商工リサーチ調べ

752社を業歴別でみると、最多は5年未満の452社。次いで、5年以上10年未満の136社、10年以上20年未満の76社と続く。一方、30年以上は33社にとどまる。

※18年6月を基準に業歴を算出。(例)13年7月設立→業歴5年未満

資本金別 小規模業者が大半

東京商工リサーチ調べ
東京商工リサーチ調べ

資本金別でみると、最多は100万円以上1,000万円未満の458社。次いで、100万円未満の97社、1,000万円以上5,000万円未満の92社の順だった。

売上高 2年で約4割増

東京商工リサーチ調べ
東京商工リサーチ調べ

直近3期の売上高が判明している124社を対象に分析。15年からの2年間で売上高は39.3%増と大幅な伸びを見せており、シェアハウスの市場規模が急速に拡大している。

サブリース賃料は入居率やシェアハウス業者の財務余力などで支払いが大きく左右される。このため、シェアハウス投資は物件の立地条件や利回りだけでなく、運営業者の経営能力もより一層重要になっている。

破綻したシェアハウス業者から管理替えしたオーナーの中には、リノベーションで共有スペースを充実させたり、留学生やワーキングホリデーで来日する外国人対象に特化し、入居率を高めた事例もある。こうした事例を見るまでもなく、シェアハウス投資のキーワードは“市場性”と“入居者の満足度”が重要だ。リターンを求める投資対象である以前に、「人が住む場所」でもある。入居者「不在」でリターンは得られない。

東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 立花 正伸

動向リサーチとは

「動向リサーチ」は、東京商工リサーチがまとめる詳細な情報データに基づき、株式会社東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長・立花 正伸さんが香川の経済動向を鋭く分析します。

讃岐を歩く

よく見ると・・・

夏の終わりに津田の松原を歩く。岩清水八幡宮に立ち寄ると、ねこがお昼寝中。お賽銭を投じても、鈴を鳴らしても、ぴくりともしない。よく見ると「土足禁止」の札の前で、ちゃんと足を浮かせていた。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動