規格外イチゴでワインを開発

農業経営高校

News

2022.07.21

農業生産科の生徒たちが、学校の農場で栽培したイチゴ「さぬき姫」の規格外品を活用し、低アルコールワイン「主基(すき)の恵み」を開発した。商品名やラベルデザインも考案して、さぬきワイナリー協力のもと商品化。農産物に新たな価値を付ける6次産業化の実践となった。

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ