県内の経営者ら230人が交流

ビジネス香川編集室

News

2020.02.01

1月31日、高松国際ホテルで開催の「第11回ビジネス香川交流会」に、香川県内の経営者ら約230人が参加した。主催は朝日新聞高松総局、日本経済新聞社高松支局、毎日新聞高松支局、朝日オリコミ四国。

主催者を代表して、朝日新聞社の渡辺雅隆社長が挨拶。「世界的な旅行予約サイトで『2020年に訪れるべき目的地10選』に、日本では唯一、高松が選ばれた。素晴らしい食材と景観に恵まれた香川・高松はとても魅力的だと思う」と話した。

2014年からコラムを寄稿している香川県教育委員会の工代祐司教育長は、「ビジネス香川は『香川で働く人がみなさん主役』と感じられる、勇気や元気が出る紙面」と話した。

参加者は県内5つの酒蔵の日本酒とともに料理を味わいながら、交流を楽しんだ。
挨拶する工代教育長

挨拶する工代教育長

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ