扶桑建材工業が「フソウリブテック」に社名変更

News

2019.05.27

扶桑建材工業が、2019年6月1日にフソウリブテックに社名変更した。同社は住宅資材の販売をする扶桑住建と、ビル用サッシの施工を行う扶桑サッシ工業が合併し、1978年にフソウの子会社として設立された。

今回の社名変更は会社の根幹である専門工事・建材・建設事業を中心に、生き方・暮らし方を考え提案できる「LIVEテクノロジー企業」となるためのもの。

新しい社名には「建材を通して創造できる価値は何か。常に問い続け、自由な発想で社会に還元できる企業でありたいという思いが込められています」と辻井社長はいう。

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ