高い塗装品質を支える
設備力と学ぶ意欲

四国塗装工業

Tec✕Tec

2024.05.14

写真左:塗装課 住友一輝さん (飯山高校出身) 写真右:電着塗装課 課長 上田英吾さん (丸亀城西高校出身)

写真左:塗装課 住友一輝さん (飯山高校出身)
写真右:電着塗装課 課長 上田英吾さん (丸亀城西高校出身)

産業活動を支える金属機械の多くは、表面にさまざまな塗装を施されている。デザイン性だけでなく耐久性を高め機械を保護する役割なども果たし、塗料を粉状にして吹き付ける「粉体塗装」、コストを押さえつつ多彩な表現ができる「溶剤塗装」など、塗装の目的に応じて技法も多岐にわたる。中でも、水溶性の塗料を溜めた槽に機械を浸し電気で塗料を密着させる「電着塗装」は、保護力が高く塗料のロスも少ない技法で、自動車業界をはじめ高いニーズがある。

この電着塗装を全自動で行える、中小企業としては非常に珍しい設備力が四国塗装工業の特長。安全かつ効率的・高品質な塗装技術で、受配電盤や工作機械、農業機械などの金属塗装で強みを発揮している。技術者はほとんどが入社してから塗装のノウハウを学ぶが、資格取得支援などのサポートが手厚く、約半数が国家資格「塗装技能士」1級を取得済み。社員の学ぶ意欲も高く、今年1級合格を目指す入社6年目の住友一輝さんは「成績上位者として表彰を目指したい」と意気込んでいる。

◆キーワード


電着塗装

水溶性の塗料を入れた槽に、塗料を塗る対象物を浸して電気を流し、塗料を密着させる塗装方法。塗料のロスが少ない、環境にやさしいなどのメリットがある。

四国塗装工業株式会社

住所
香川県丸亀市川西町北1698番地1
代表電話番号
0877-24-0294
設立
昭和48年12月13日(1973/12/13)
社員数
42名(2018年2月1日)
事業内容
電着塗装、焼付塗装、金属塗装、スクリーン印刷
地図
URL
https://www.shikokutosou.co.jp/
確認日
2024.05.16

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ