特殊な構造のバネで、ゆるみを防ぐ

LOCK ONE(ロックワン)/サンコー

Topic

2020.01.03

ものを取り付ける時に使うボルトとナット。ボルトは外側にらせん状の溝があり、内側に溝があるナットと組み合わせて部品と部品を締め付けていく。しかし、年月が経つと振動などで緩んでいく。その緩みを防止するのが「LOCK ONE」だ。
締めていったナットから外に出た部分を「余長部」という

締めていったナットから外に出た部分を「余長部」という

「今までにも、さまざまな緩み防止の方法がありましたが、それらとは少し考え方が違います」と取締役・大鷹昭浩さん。一般的な方法として、①ナットをもう一つつける、②ボルトの余長部に穴を開けてピンでとめる、③ナット自体を緩み止めナットに替える、などがある。
ナットのあとから取り付けた様子。余長が最低3山あれば取り付け可能

ナットのあとから取り付けた様子。余長が最低3山あれば取り付け可能

それに対して、LOCK ONEはナットを締め付けた後に付ける製品で、バネの原理を応用して開発された。ボルトの余長部に取り付けると、バネが縮もうとする力が、ねじ山(ボルトの溝の山の部分)を挟み込む方向と、ボルトの軸を締め付ける方向に働き、振動の影響を受けてもそれ自体が回って緩んでいくことはない。

①の方法に比べて軽量化でき、②より作業工程が少ない。③よりコストがかからないのが特徴だ。「新たに設置する場合は③の方法もありますが、LOCK ONEはすでに固定してある部品への対策としてニーズが高いと思います
内側部の丸いバネが右巻き、外側部の六角形状が左巻き

内側部の丸いバネが右巻き、外側部の六角形状が左巻き

構造は、1本のステンレス(バネ線)をバネのように巻いている。ただ、一般的なバネは線材の端がバネの両端に位置するが、LOCK ONEは線材の端が製品の外側の同じ位置で向かい合っているのが最大の特徴。「特許も取得している特殊なバネの構造で、製品の内側部(ボルトに接触する側)は一般的な右巻きのバネ形状、外側部は左巻きの六角形状になっています」。ステンレス製のため腐食しにくい上、手や市販の工具で取り付け・取り外すことができ、繰り返し使用できるのも利点だ。

米国宇宙航空規格による3万回の振動試験をクリアした品質が認められ、現在は道路標識や高速道路のトンネル内の照明など活用の場が広がっている。

サンコー株式会社

所在地
高松市朝日新町20番4号
TEL:087-821-0035
FAX:087-821-0040
設立
1961年
代表者
代表取締役社長 河野 伸之
資本金
7000万円
従業員数
230人
営業所
香川、徳島、愛媛、高知、大阪、兵庫、岡山、広島、神奈川の各府県15営業所
海外拠点
サンコー・プレシジョン・シンガポール
讃高精密(香港)有限公司
賛高精密(上海)貿易有限公司
賛高精密(大連)貿易有限公司
関連企業

讃高仮設リース株式会社
葵機工株式会社
サンコースチール株式会社
瀬戸株式会社
讃高物産株式会社
確認日
2018.01.04

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ