マスク用お香スプレーなど新商品続々

株式会社一(いち)

News

2020.09.26

今年6月に設立したお香製造の株式会社一(いち)が、新商品を続々とリリースしている。8月は睡眠時に使う「香るアイピロー」と、マスク用お香スプレー「お清め萩香」を発売し、10月には「安息香」を使ったお焼香セット「曼珠沙華」を発売する予定だ。

香るアイピローは、東京・南青山のギフトショップ「futo」との共同開発。水晶とお香を使っており、仮眠用の「DAY」と就寝用の「NIGHT」で香りが異なる。8月に日本橋三越で販売すると、好評だったという。

お清め萩香は、高松市塩江町の最明寺との共同開発で誕生した。萩の名所である最明寺にちなみ、萩の花から抽出したエキスとお香をブレンドして作った。マスク着用時の不快感を和らげるためのスプレーで、ルームフレグランスとしても使える。

代表取締役の岩佐一史さんは「伝統的なものを現代の生活様式でも使いやすいように考えて、商品を開発しています。お香を気軽に使ってもらい、それをきっかけに、仏教やお寺にも興味を持ってもらえたら」と話す。今後は事務所を設けている栗林山荘で、定期的にお香の講習会を開催したいと考えている。

一の商品は栗林山荘で販売しており、今後はインターネット販売も始める。

株式会社一 ホームページ
https://1-ichi.net/
香るアイピロー(左)と、お焼香セット「曼珠沙華」

香るアイピロー(左)と、お焼香セット「曼珠沙華」

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ