山川草木悉皆成仏

四国なんでも88箇所巡礼推進協議会会長 佐藤 哲也

column

2020.11.19

それ自体、生物ではない物質としてどこからか出てきたウイルスには、人に害をなそうという悪意などは無く、また小さくて目に見えない分、これを地球上から完全に滅するには長い時間がかかるでしょう。

世界中にワクチンがいきわたってもウイルス本体がはたしてこれからどうなるのかは誰にもわかりません。我々人間の文明生活にとっての問題は、人がこれを「どう感じるか?」という結果の方が、影響は、はるかに大きいものと思われます。

これを書いている10月末現在、コロナ禍といわれる騒ぎも、世の皆さんの「慣れ」により、徐々に落ち着きを取り戻してきているかのように見えます。ただこの騒ぎで影響を受けた地域や業界ほど、世の中の仕組みの改革はかなり進んだように思います。

かつては「これからの10年でなんとかできれば」と思っていたものが、このわずか1年弱で実現せざるを得なくなりました。またこれを機会に実現できるようになりました。その意味では時代を良くも悪くも加速させたことと思います。

ただ今回のダメージとそれからの回復により、世界も我が国も将来に向けてかなりの様々なマイナスを貯めたように見受けられます。しかしこれをまたリカバリーしていくのは、これからの若い人達にまで託さねばなりません。

今、「たいへんだ。たいへんだ」と奔走してきた先輩方は10年後には仕事からリタイアし、おそらくそれ以降は順番にこの世からもリタイアされるでしょう(笑)。ならば、その後を委ねる若い方に、早い内に新しい考えでバトンタッチすることも必要となるかもしれません。その意味でも時代は大きく進んだことと思います。

四国なんでも88箇所 巡礼推進協議会会長 佐藤 哲也

写真
四国なんでも88箇所 巡礼推進協議会会長 佐藤 哲也

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ