『ハッとしてグッときてパッとめざめる』

四国なんでも88箇所 巡礼推進協議会会長 佐藤 哲也

column

2018.04.05

世界的な同質化競争の時代、田舎こそ生き残るために他に類を見ないユニークな発想力が必要です。その昔、さるお上が四国4県の酒メーカーに「各県、新発想の日本酒を考えてみては」とお触れを出しました。


この話、高知県の酒蔵有志が宇宙滞在をした酒酵母で醸した『宇宙酒』を造ってみたのが発端です。思惑通り話題となり某全国TVが地元発表会に生放送取材を敢行。「世界初の快挙」と大賑わいの現地に対して、東京のスタジオからメインキャスターが「ところで宇宙空間に数日置いた酵母から造ったお酒が、どういう理論でどんな味になるんですか?」と突然まともな質問。オンリーワンだけを目標に突っ走ってきた彼ら、想定外の事態にしばし沈黙の後「あっ、そうそう、飲めば宇宙遊泳しとるようなふわふわした気分に!」。そこに無残な追い打ち質問「それは単に酔っぱらっているだけなんでは?」(笑)。連中の発想は『思いついたらとにかく走る』。

対する徳島県。過去のヒット『すだち酒』の2匹目の何とかをと、『番茶酒』『蜂蜜酒』『山桃酒』、挙句の果てには『わかめ酒』と、地元特産品を片っ端から製品化したのは良いが収拾つかず。『同じ阿呆なら踊らにゃ損々・・・で、調子に乗って始末にもめる』。どこかの市の盆踊りとおんなじです(笑)。香川県は議論を重ねてやっぱり『うどん酒』。それも「透明な一升瓶に詰めた日本酒の中にうどんが一玉沈んでいる」という強烈なインパクト(笑)。でも「おもしろいけど、買うのはちょっと・・・」で『熟慮の末に、あまり役に立たん』。愛媛県は普通に『ミカン酒』を。今では特産品の一つに成長、『地味に隠れて一番モトをとる』商売人です。

これらばらばらの発想方向、みんなで仲良くまとまろうとすれば、忖度しあって「4県特製酒詰め合わせセット」で落ち着くのが関の山。しかし競いながらもとことん話し合えば、常識を根底から覆すお酒が生まれるかも・・・。「わかめうどん出汁にみかんを絞った宇宙食風味のお酒」とか?(笑)。熱血漫画では競い合ったライバル同士はチームを結成してより強大な敵と戦うのがお約束。4県がお互いを、隣同士で逃げられない宿命のライバルと認めて磨き合い、力をあわせて世界と戦わねばならんようになる時も近いですよね。

四国なんでも88箇所 巡礼推進協議会会長 佐藤 哲也

写真
四国なんでも88箇所 巡礼推進協議会会長 佐藤 哲也

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ