MBOを成功に導くポイントは?

みどり財産コンサルタンツ

column

2017.11.16

資金、課税、意識改革など総合的な検討が必要です。

A社のB社長から、A社が株式を100%保有するC社の事業承継につき相談を受けました。C社はB社長の亡き父が設立した会社で、A社とC社は事業内容が異なり関連性もありません。C社は独自の経営を行いA社は株式を保有するのみ。父の時代からの慣習でC社に配当を求めたことはない一方、A社はC社の資金調達について保証していました。B社長はこの資本関係に疑問を感じ、C社経営陣の経営に対する姿勢にも不満を持っていたため、C社をA社から切り離して独立してほしいという希望でした。C社の役員らが株式を買い取り独立するMBO(ManagementBuyout)です。

ここで問題になるのが銀行保証と株式の買取資金です。

保証の問題は、C社のD社長らが初めて中期事業計画を策定して金融機関に説明し、何とか解決できました。株式買取資金は、C社株式の大半をC社が自己株式(金庫株)として取得。自己株式取得を選択することでA社の株式売却益に対する課税がありませんでした。残りのC社株は、D社長やその他の役員、C社の従業員持株会が取得しました。

その後C社は、特長を生かした事業展開で業績は好調に推移しています。実は当初、独立について不安と反対の声がありました。しかし、弊社が時間をかけてC社経営陣と対話する中で自立への意識と決意が芽生え、経営に対する姿勢が変わったのです。

「自社に後継者たり得る人材はいない」という悩みをよく聞きますが本当にそうでしょうか。

従業員が経営者として任されることで「地位が人をつくり」、意識も変わることをC社の事例は教えてくれます。

株式会社みどり財産コンサルタンツ 一級ファイナンシャル・プランニング技能士 大谷 桂一

1998年中央大学経済学部卒業。オリックス株式会社を経て、2017年みどり財産コンサルタンツ入社。大型ファイナンスや大型物件投資提案の経験から、枠にとらわれない発想でのストラクチャー構築が魅力。

株式会社みどり財産コンサルタンツ

所在地
高松本社:
高松市栗林町1丁目18-30 みどり栗林ビル
TEL:087-834-0122/FAX:087-862-0988
東京支店:
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル8F
TEL:03-6212-8921/FAX:03-6212-8922
設立
2003年11月
資本金
1000万円
代表者
三好貴志男 代表取締役会長
従業員数
12人
事業内容
法人税財務、法人組織再編・M&A、節税、相続・事業承継等のコンサルティング 他
関連会社
みどり合同税理士法人
株式会社みどり合同経営
公認会計士 三好貴志男事務所 他
地図
URL
http://www.mgrp.jp/staff/company06
確認日
2018.01.04

記事一覧

おすすめ記事

メールマガジン登録
メールマガジン登録
ビジネス香川Facebookページ